あがり症で面接に落ちることある?緊張で声が震える対処法

あがり症で面接に落ちることある?緊張で声が震える対処法

あがり症で面接に落ちることある?緊張で声が震える対処法

あがり症で面接に落ちるということはまずないと思います。

ただ。

緊張しすぎて本来の力を発揮できなくて落ちることはありえると思います。

今回はこういう方に向けた内容です。

  • あがり症で面接に落ちることがあるか不安
  • 面接で緊張して声が震えることがある
  • 緊張しやすい人の面接の対処法

面接を受けたことは何度もありますが、やはり毎回緊張しました。

面接で緊張しない人もいるかもしれませんが、やはり多くの人は緊張することでしょう。

新卒や転職やバイトで面接の予定がある方で、あがり症な方は最後まで読んで参考にして下さい。

では、本題です。

あがり症が原因で面接に落ちることはない

あがり症が原因で面接に落ちることはない

あがり症が原因で面接に落ちることはない

私も何度もバイトや就職や転職の面接は受けたことがあります。

正社員だけでも、新卒での面接、転職の時の面接。

転職は6回しているので、面接を受けた経験はかなり多いほうだと思います。

逆に面接をする側のこともありました。

その経験から言うと「あがり症が原因で面接に落ちる」ということは、考えにくいですね。

もちろん、これは採用担当者さんが決めることなので、断定することは出来ません。

誰でも面接となると、少なからず緊張することでしょう。

よほど自信がある場合でも、面接というのは、人生にも影響する場面ですから、全く緊張しない人というのはまずいないでしょう。

ただ、その程度は人によると思います。

緊張しすぎて、手が震える、声が震える、体が震えるだったり、声が出ないという程度までになると、そもそも面接自体を受けるのも難しくなってきます。

面接で大切なのは「面接官に会社に入って欲しい」と思ってもらえるかです。

いくら流暢に自分をアピールしても、そう思ってもらえなければ不採用になることでしょうからね。

ですので、結論は出ています。

あがり症で面接に落ちることある?

まず、ありません。ただ、十分に力を発揮できなければ、落ちる可能性は高くなります。

では、面接の時のあがり症を克服する方法について、書いていきます。

面接前日までの練習であがり症と緊張の対策

面接前日までの練習であがり症と緊張の対策

面接前日までの練習であがり症と緊張の対策

面接は何日も前に決まっているはずです。

「明日、突然ですが面接になったので来て下さい」なんてことは、そうないでしょう。

とにかく準備をすることが大切です。

よくある質問を調べて、答えを用意しておくといった対策は、誰もがすると思いますので、それは省略します。

あくまで、緊張して声が震えるといった場合の対策としています。

面接前日までに出来る緊張対策「声と呼吸」

ここでは、一番おすすめの方法を書いておきます。

それは「声と呼吸」です。

あがり症克服のためには、自信をつけていくことが大切です。

場数を踏むのも大事ですが、そもそも練習する場所を見つけることが簡単ではなかったりするので、まずは自宅で出来る自信の付け方。

それが「声と呼吸」です。

色々な人と関わる中で、コミュ力を上げたり雑談力を磨いたりしているうちに、あがり症は克服出来ることもありますが、その方法には一つ欠点があります。

下手したら自信をなくす可能性があることです。

周りのみんなは、あなたが思うような反応はしてくれないでしょう。

そうなると、自信をつけるためにやっていたことが、逆に自信をなくしてしまうことがありえるということです。

場数を踏むことで、あがり症を克服できることもありますが、逆効果もありえるということです。

ですので、相手の反応は関係なく、自信をつけていく方法が必要なんです。

腹式呼吸なんかも、自分でトレーニング出来ます。

発声練習、活舌を良くする練習、それも自宅で練習できます。

声が震える場合の対策としてもおすすめの、声と呼吸のトレーニングについては、後ほど関連ページをご紹介します。

面接を想定して声の印象を作る

面接官は、決して、質問に対する答えだけを知りたいわけではありません。

総合的に判断して、会社に入って欲しいかどうかを決めていきます。

その判断の要素となる一つが、「声」だと私は思います。

声で、その人の本気度、やる気度、性格などが見えてくるのではないでしょうか。

そういう、言葉の内容以外の情報も、面接官は見ているはずです。

決して、きれいな声を出しましょうとか、流暢に話しましょう、ということではありません。

気持ちを込めましょう、ということです。

ただ、それは、面接本番の時だけ意識しようとしても、普段から思っていないことは、声に出るかもしれません。

だからこそ、準備段階として、声と呼吸のトレーニングを積みながら、普段から気持ちを込めて話す習慣をつけておきたいところです。

面接で声が震える対策は緊張状態で練習する

出来ればしていただきたいことがあります。

これは、面接であれスピーチであれプレゼンであれ自己紹介でも同じです。

それは、「緊張感のある状態での練習」です。

私の経験として、話す内容を丸暗記して、いざ人前に出た時に頭が真っ白になったことがあります。

その時に思ったのが、緊張感のない状態での練習では、本番に強くなれないということです。

では、緊張感のある状態での練習とはどういうものか?

  • 家族や兄弟に面接官になってもらう
  • 面接に答える姿をスマホに録画する

質問想定集を作り、それを家族の人にランダムに読んでもらい、それに答えるだけです。

家族や兄弟以外でも、もちろん構いません。友達でも恋人でも構いません。

とにかく、誰かに聞いてもらうということです。

これは結構緊張します。

注意点は、ダメだしはNGにしたほうがいいということです。

自信をなくしてしまうかもしれませんからね。

もう一つは「面接に答える姿をスマホに録画する」という方法です。

これも、案外緊張するんです。

こうやって、少しでもいいので、緊張している状態を作り、日々練習をすると、本番に力を発揮しやすくなると思いますよ。

あがり症で面接に落ちることある?緊張で声が震える対処法 まとめ

まとめます。

  • あがり症で面接に落ちることはまずないと思います
  • 本番の面接で緊張しすぎないためには準備が大切です
  • 声と呼吸に自信をつけて、心を込めて話す習慣をつけておきましょう

とにかく準備です。

そして、もし、あがり症本番で、緊張で声が震えることがあったら、それを正直に伝えるのもいいと思います。

面接での緊張とあがり合症 Q&A

あがり症で面接の時も声が震えるかもと思うと怖いです
あがり症の方の症状として一番よく聞くのが声が震えるという症状です。声が震えてしまったからといって、面接に落ちることはないでしょうけど、自分の力を発揮しきれなかったら後悔も残りそうですね。声の震え対策としては、後ほどご紹介する5つの方法に取り組んでみて下さい。とにかく声と呼吸です。この2つに自信を持てるようになると強いはずです。
面接で声が小さいと落ちる?
落ちるか採用されるかは断定できませんので、あくまで僕の基準でお話しします。正直なところ、声が小さいことがプラス材料になることは、まずないでしょう。だからといって、声が小さいという理由だけで落ちることも考えにくいです。ただ、採用担当の面接官の方が、どういう人を求めているかにもよります。声が大きくハキハキ話す人を好むかもしれませんが、穏やかに話す人を好むかもしれません。それは分かりません。ですので、「面接官に自分の想いを十分に伝えることが出来るような声の大きさ」を考えてみてはどうでしょうか。声が小さめでも気持ちが籠っていれば、それが伝わると思います。声の印象はとても大きいので、普段からトレーニングをしておくことをおすすめします。
面接で緊張しすぎて話せない、話すことが飛ぶかも
あまりにも緊張しすぎてしまうなら、メモを持っておくのもいいでしょう。緊張しすぎて頭が真っ白になったり、話しが飛ぶことで、十分に伝えきれないなら、メモを持っておいて、優先目標を、「すべて話しきる」ということにしたほうがいいと思います。今の状態では、緊張しすぎて、全てを話しきる自信がないなら、メモを準備しておくほうがいいということです。

面接でのあがり症対策 関連ページ

面接での緊張であれ、スピーチやプレゼンの緊張であれ、根本的な対策は同じだと思います。

僕がいつも言っているのは、緊張するのは「特別な場面だから」ということです。

極論を言うと、面接まで毎日、面接官を誰かが担当してくれて、緊張感のある状況で面接のロープレをしてもらえたらどうでしょうか?

きっと慣れてくるでしょうし、自信がつくようなフィードバックをもらえたら、どんどん面接での受け答えも上手くなってくることでしょう。

でも、それをするにはお金もかかりますし、現実的ではありません。

だからこそ、日々、自宅で一人で出来る練習を持っておくと強いんです。

本読みで声が震えない方法5選【緊張で震える音読対策】

本読みの対策として作ったページですが、あがり症で人前で声が震える方、こちらの5つの方法に取り組んでみて下さい。

面接は独特の緊張感があります。

それも、人生を左右するかもしれない大舞台でもあります。

緊張するのは当たり前です。

面接対策にもそうですし、声が震えるのが怖い場合は、こういった対策をおすすめします。

本読みで声が震えない方法5選【緊張で震える音読対策】

人前の緊張あがり症「セミナーとトレーニングで声が震える克服」

人前の緊張、あがり症対策をまとめて、ブログのメインページです。

このページからぜひ全部のページを読んでみて下さい。

あがり症だからといって面接で落ちることはないでしょうから、とにかく、自分の気持ちを伝えることを目指しましょう。

人前の緊張あがり症「セミナーとトレーニングで声が震える克服」

以上です。

コミュニケーションコーチ、未知賢人でした。