あがり症克服4ステップワンデーセミナー始めます

あがり症克服4ステップワンデーセミナー始めます

あがり症克服4ステップワンデーセミナー始めます

以前に予告しておりました「あがり症克服セミナー」を始めます。

厳密には再開なのですが、新しい形でのセミナーとなりますので「開始」としています。

  • あがり症で声が震える
  • 人前の緊張を改善したい
  • 本読みやスピーチが辛い

そういう方は、ぜひ参加してみて下さい。

今日は、このセミナーの特徴を紹介させていただきます。

あがり症克服4ステップワンデーセミナーとは?

あがり症克服4ステップワンデーセミナーとは?

あがり症克服4ステップワンデーセミナーとは?

私は、コミュニケーションコーチとして、主にコーチングというやり方で、皆さんのコミュニケーション力を上げるお手伝いをさせていただいております。

例えば、雑談が苦手、初対面が苦手で何を話したらいいか分からない、人との関りをもっと楽にしたいといったお悩みについて、コーチングを行っております。

コーチングは、基本はアドバイスをすることなく、私から質問させていただきながら、ご自身で考え、ご自身で気付き、ご自身で行動を進めていただくものです。

コーチングにはメリットもありますが、一つ困ったことがあるとすると、「時間がかかる」ということです。

そのため、長期的なお付き合いをさせていただきながら、目標を数値化しながら、一緒に目標に向かうイメージです。

時間がかかるということは、当然、その分費用は高くなります。

そこで私が考えたのは、私自身が極度のあがり症で、極度のコミュ障だった経験があり、それを試行錯誤して克服してきた経験については、講座としてお伝えする、ということです。

あがり症セミナーは「講座+コーチング」

あがり症セミナーは「講座+コーチング」

あがり症セミナーは「講座+コーチング」

元々、私が行っているコーチングは、よくあるコーチングとは違う部分があります。

それは「アドバイスをする」ということです。

ですので、厳密には「コーチングではない」と言われる可能性もあります。

とはいえ、「目標へ向かう最短ルール」と考えると、私自身の経験を元にアドバイスや提案をすることも必要だと思います。

そこで「あがり症克服4ステップワンデーセミナー」では、こういう特徴を持たせています。

  • 現状のヒアリングと目標設定というコーチングの要素
  • 私のあがり症克服経験を元にした講座形式の時間

この2つです。

一方的に、セミナー形式で「私のやり方を真似して下さい」ということではありません。

講座と講座の間に、ヒアリングと目標設定の時間を設けます。

実は、今までの私のコミュニケーションコーチングも、この流れに近いものがありました。

流れとしてはこうなります。

  1. あがり症講座(知識編)
  2. ヒアリング
  3. 目標設定
  4. あがり症講座(行動決定編)

この流れを元に、何を目指すのかについて、もう少し解説します。

あがり症克服には「行動を変えること」が必須

私があがり症克服のためのテキストを販売し始めてから、一貫して言い続けていることがあります。

それは「意識変えるのではなく、行動を変えましょう」ということです。

意識には、顕在意識と潜在意識があって、90%から95%が潜在意識として、人は行動しているんですよ、という話はよく聞きます

この数値があっているのかは、正直分かりません。

ただ、無意識で動いている部分が多いのは感覚で分かります。

では、それだけ潜在意識の割合が多いのに、意識を変えることがそんな簡単にできるのかというと、それは難しいと思っています。

例えば、あがり症の人へのこういうアドバイスがあります。

「人から見られていると思うから緊張するんです。自分が聴衆を見ていると思いましょう。」

これは、意識改革です。

そういう意識改革が簡単にできるなら、人の悩みの多くは解決できると思います。

ところが、「人から見られていると思う」という意識は、なぜそうなったかは分かりませんが、一種のクセのようなものだと思うんです。

そのクセは簡単には変わらないんです。

もし一時的に変えれても、元に戻る可能性も高い気がします。

だからこそ、行動を変えるんです。

行動を変える⇒結果的に意識が変わる

この流れを目指すんです。

あがり症を克服するための行動を見つけるセミナー

「あがり症克服4ステップワンデーセミナー」の一番の目的は「行動を決めること」に尽きます。

このあがり症セミナー以外にも、同じようにコミュニケーションに関するセミナーも開催していきますが、やることは同じです。

行動を決めること。

それが目的です。

なぜ、私がそこまで行動に拘るかというと、今まで、何十冊、何百冊のビジネス書、自己啓発書を読んできて、そう思うようになったんです。

本を読んだり、動画を見たりして、「分かる分かる」「確かに確かに」「それはすごい」といった気持ちになり、「これなら出来る」とか「出来る気がする」とは思うものの、結局何もしない、何も行動しない、ということがほとんどでした。

理由はいくつか考えられます。

  • 方法(行動)が多すぎる
  • 意識を変えようとする方法
  • 行動するにはハードルが高すぎる

結局は、いい話を聞いても、行動をが変わらないなら、次の瞬間には日常に戻るわけです。

まして、「自分を変えたい」というなら、今までの同じ習慣を繰り返していては、まず変わることが出来ません。

行動を変える、そして繰り返す。

ということは、「習慣を変える」ということです。

それを続けることで、次第に自信がついてきたり、意識が変わってくるものと考えます。

あがり症克服は1日では無理

「あがり症克服4ステップワンデーセミナー」と言っていますが、決して1日であがり症を克服できるという意味ではありません。

あがり症を1日で克服するのはまず無理です。

どれくらい時間がかかるかは個人差がありますので、何とも言えません。

あがり症といっても、どういう症状が出ているのか、どのくらい辛い状況なのかも人によります。

とにかく、「これを毎日続けよう!」と思える行動を見つけること。

そして、それを繰り返すこと。

それに集中していただけたらと思います。

あがり症克服4ステップワンデーセミナー まとめ

最後にまとめます。

あがり症克服4ステップワンデーセミナーは、講座とコーチングの要素を含んだセミナーです。

最大の目的は「行動を決めること」です。

このセミナーを受けて、行動が決まったら、あとはそれをご自身で繰り返して下さい。

おすすめは、その後、定期的にフォローセミナーを受けていただくことです。

不明な点がありましたら、お問い合わせください。

あがり症克服4ステップワンデーセミナー Q&A

セミナーは対面ですか?オンラインですか?
オンラインのみとなります。ビデオチャットを利用して開催します。
あがり症で声が震えるのですが効果ありますか?
効果については保証できるものではありません。ただ、過去にテキストを購入いただいた方のお声からすると、声の震えにも効果が出ていることもありますので、後はご本人の取り組み方と、現在の症状の強さにもよると思います。
あがり症は40代でも治りますか?
私自身、あがり症を克服できたのは40代になってからです。何歳であっても、克服できるものと考えています。
人前のスピーチではなく、2人くらいを相手に話す時に緊張するのにも効果ありますか?
スピーチや挨拶や自己紹介ではなく、人と話す時に緊張しすぎてしまう場合でも、考え方としては同じです。何をすればいいかという行動を見つけることを、セミナーの目的とします。ですので、そのようなケースでもお申込みいただけましたら、セミナーの開催は可能です。

最後に。

このブログでは、人前での緊張、あがり症克服に特化したブログです。

こちらのトップページ「人前の緊張あがり症「セミナーとトレーニングで声が震える克服」」から、ぜひ全部のページを読み進めてみて下さい。

参考になると思います。

以上です。

コミュニケーションコーチ、未知賢人でした。

コミュニケーションオンライン家庭教師詳しくはこちら